ポレポレファクトリーのみなさんへ

2021.03.31
卒業生の声

ポレポレファクトリーのみなさんへ

今日、介護職にて介護施設に内定いたしました。

思えば、病気にかかり7年間でようやくここまでたどりつける様になりました。通院をしながらコンビニでバイトをして、生活保護を受け、自分としてはこれ以上、上に登るのは難しいと考えていました。1昨年八月にポレポレに通所する様になり、毎日楽しい事もありましたが、その中で何度もくじけそうになった事もありました。そんな時に私を救ってくれたのはポレポレの職員さんと、同志の人たちでした。私はポレポレに通所して11か月経った時に、菊田さんに就職をしたいと相談させてもらいました。菊田さんは心よくしょうだくしていただいてみらいくを紹介していただきました。昨年の八月からみらいくに行き、いろんなスキルを身に付けました。そして年末にいろいろと考えた所、介護の仕事に付き資格を取りたいと思う様になりました。正直病気をかかえている私がそこまで出来るかといろいろとかっとうもありましたが、ポレポレでもあきらめずやり通す事を学んだ経験から「よし、ちょうせんしてみよう」と思いました。昨年年末に2件面接を受け2件とも不採用でした。もうあきらめようかなと何度も思いました。でも、あきらめる事はかんたんですが、それでも自分で決めた目標だからと思い今年に入り、八日の日に面接に行きました。絶対に採用をかち取ってやると思いながら全力で面接にいどみました。八日の夕方四時半ぐらいに会社から電話をいただき内定のしらせを受けました。ちょっと照れくさいですが一時間程涙がとまりませんでした。思いかえせば7年前に「そううつ」と診断され、就職はむずかしいとまで言われ、すこしずつですが、バイトをしたり、ポレポレに通所をしたり、みらいくに通所と少しずつステップアップしたのが今回就職につながったのだと思います。どうかみなさんも私と同じ様に少しずつ時間がかかっても将来明るく本当の意味で胸をはって、自分に自信がもてる日が必ずきます。こんな 私でもなしとげたのですから、みなさにも絶対にできるはずです。今回就職までたどりつけた大きな要素は「あきらめない事」そして「絶対に」という強い気持ちをもっていただきたいです。そしたら必ず願いはかないます。それをおしえてくれたのはポレポレの職員さんを初め、みなさんです。今後私と同じ様に目標に向かって達成出来る人達が多くでてくれるの祈り、又私も仕事をしながらみなさんの事を応援しています。今回はみなさんのおかげで夢であった就職に付く事ができました。本当にありがとうございました。私も頑張りますのでみなさんも頑張って下さい。

K.O

  • 前の記事
  • ブログ一覧